メダカと混泳できる魚は?ドジョウや金魚、熱帯魚と一緒に飼育できる?

メダカと混泳できる魚について説明します。ドジョウや金魚、熱帯魚と一緒に飼育できるのかどうかについても記述します。

食べたり攻撃したりしなければどんな魚とも混泳できる

最初に結論から言うと、メダカを食べたり攻撃したりしなければどんな魚とも混泳できます。

たとえばグッピーやプラティ、コリドラスやネオンテトラなどの熱帯魚とも問題なく混泳できます。日本産淡水魚でもメダカを食べられるサイズでなければタナゴや金魚、ドジョウなどと混泳させることが可能です。

メダカと他の魚との混泳はあまりおすすめできない

ですが、これはあくまでも理論上であり、実際にメダカを他の種類の魚と一緒に飼育することはあまりおすすめできません。特に熱帯魚の中でもグッピーやプラティなどのメダカ類は未知の病気を持っている可能性があります。熱帯魚はメダカより基本的に病気にかかりにくいため、熱帯魚が持っている菌や寄生虫によってメダカが死んでしまうことが考えられます。

これは熱帯魚だけでなく日本産淡水魚にもいえます。何より金魚や大型のシクリッドなどはメダカを食べなくても追い回すことも考えられるためメダカにとってストレスとなる可能性があります。

もちろん、これらのリスクを承知した上で混泳させてみるのは問題ありません。実際にグッピーやネオンテトラと混泳させてうまく言っているケースももちろんあります。ですが、安易にメダカと他の種類の魚を混泳させるのはおすすめできません。

メダカと混泳させても比較的安全な魚

ですが、メダカと一緒に混泳させてもまず問題を起こさない魚がいます。それはコリドラスやドジョウなど、水槽の底で生活する魚たちです。底で生活している魚は直接メダカと交わることがないため、混泳させても争うこともありませんし病気を持ち込むリスクも比較的低いです。

特にドジョウは同じ日本産の魚ですしメダカの食べ残しも掃除してくれるので混泳させている方も多いと思います。

他にもプレコやオトシンクルスなどの苔を食べてくれる魚もメダカと混泳させてもほとんど問題を起こさないでしょう。後はメダカとあまりサイズが変わらない金魚やタナゴ、フナなどと混泳させることも可能です。ただし金魚やフナは成長が早いので、あっという間にメダカを食べられるサイズに成長します。成魚同士なら捕食されることは実際ないでしょうが、メダカがストレスに感じる可能性があるためサイズが違う魚との混泳は避けたほうがいいでしょう。

種類が違うメダカ同士の混泳は問題ないのか

メダカと他の魚はあまり混泳に向かないのですが、種類が違うメダカ同士でも混泳させないほうがいいでしょう。たとえば黒めだかと楊貴妃メダカを同じ水槽で飼育するような行為です。メダカ同士の混泳はメダカそのものにとっては全く問題ありません。ですが、違う種類同士が交尾、産卵して生まれてきた子供は純粋な種類ではなく雑種になります。狙って新しい種類を作ったり、そもそも繁殖を考えていないのでなければ混泳させるのはやめましょう。

違う店で買ったメダカ同士の混泳について

違う店で買ったメダカ同士の混泳についてもできれば避けたほうがいいと言われています。これは、店によって異なる細菌やウイルスなどをメダカが保有しており、別の店のメダカに感染させてしまう可能性があるからです。

ただ、店によって異なる水槽を必ずしも用意しなければならないといえばそんなことはありません。実際、私も複数の店舗からメダカを購入していますが、伝染病が流行ったことはありません。あまり神経質になる必要もないと言われていますが、大切なメダカは安いメダカと同じ水槽で飼わないほうがいいでしょう。

まとめ

メダカはサイズが同じぐらいの魚であれば混泳させることは可能です。ですが、メダカは泳ぎが得意ではないので、気性の荒い魚とは混泳させられません。また、直接問題を起こすリスクはなくても、グッピーなどのように変な病気に感染する可能性もあります。

ただ、コリドラスやドジョウ、クーリーローチなどの底で生活する魚や、プレコやオトシンクルスなどの苔を食べる魚との混泳は全く問題ありません。

このため、メダカは混泳させるのではなく、メダカ同士で飼育したほうがいいでしょう。

コメント一覧

タイトルとURLをコピーしました